経験豊かな講師陣

株式会社エナジーソース パートナーコンサルタント
共感力育成コーチ
グローバル人材育成コーチ
加藤 功甫(かとう こうすけ)
大学卒業後、自転車1台で世界60カ国を旅する中で、何度も自身の価値観が180度変わる経験をする。帰国後、大学の非常勤講師の傍ら、NPO法人を立ち上げ「世界で活躍する次世代の発掘とサポート」を行う。

職務経歴

1980年 長野生まれ。横浜国立大学大学院修了。教育学修士。
2009年 大学在学中に豆腐の引売り師のアルバイトを始め、全国で売り上げno.1を達成
2011年 スポンサー企業を25社獲得し、世界60カ国を自転車で横断
2012年 トライアスロン日本代表に選出
私立中高一貫校にて保健体育教師として勤務
2014年 教育関係のNPO法人設立、同代表理事に就任
2014年 企業向け健康人材研修の研修開発、営業・コンサル、講師業に従事
2014年 年間150回のスポーツイベント企画・実施に従事
2016年 多世代多国籍が集うシェアハウス&イベントスペースを横浜にオープン
2017年 横浜国立大学非常勤講師

加藤の歩み

横浜国立大学在学中に、アルバイトで「豆腐の引売り師」を始める。半年間売り上げ0円の状態を打破すべく、「心理学」「行動科学」などを学び、たった1年で全国のトップ営業マンに上り詰める。大学卒業後、25社の協賛を得て、自転車1台で世界60カ国を横断する。帰国後はトライアスロン日本代表に選出され、その後起業。およそ1000社へ営業の結果、資金ゼロの状態から新規事業立ち上げに成功する。また、教育のさらなる可能性を探求すべく国内外で講演、教育プログラムを実施している。

加藤の特技

経験に基づく「コミュニケーション能力」「問題発見解決力」は、インバウンド対応および現在、企業に強く求められる「インクルージョン、ダイバーシティ・マネジメント」の分野において実践的であると評価が高い。ワークショップを中心とした体感型の講演は、組織やチーム、個人の問題発見解決への深い気づきを与え、楽しく真剣に講義に参加できる

加藤の想い

世界中どこにいっても、仕事の場面でもプライベートであってもコミュニケーションは無視できません。そして人間関係が円滑ならば、多くの課題は解決するというのも世界共通。自分の想いを相手に伝えるとはどういうこと?価値観の違う相手とうまく付き合うには?自分はどうあるべきなの?チーム、そして、組織の力が最大化するために必要なスキルやマインドを一人でも多くの人に伝えたい。さらに「世界」という大きなフィールドで一人でも多くの人材に活躍してもらいたい。そのサポートをするのが私の使命だと思っています。

喜びの声

グループワークの中で、知らないうちに別の視点で見ている自分がいて、正直驚きました。方向性が変わると世界がちょっと変わる、そんな体験ができました。(メーカー 営業 Kさん)

若い人の話なんて聞いてもなぁと思っていたら、いつのまにか引き込まれ、最後までメモを取ることに必死になっていました。自分以外は先生という考え方って大切ですね。(金融 管理職 Sさん)

講師のユニークな体験談には驚かされました。同じ日本という国に生まれ育っているのだから、上司とも分かち合えるはず!と思えたのが大きかったです。(鉄道 新入社員 Tさん)

「自分が伝えたいことではなく、相手が聞きたいことを伝えるのがコミュニケーションの基本」という言葉が印象的だった。(流通 Yさん)

自分の中で限界を決めてしまいがちだという現場の声に応える的確な内容でした。自分で限界を決めているなら自分で外せばいい、講演後には「できるかも」と思っている若手社員さんのイキイキした顔が忘れられません。(製造 人事部 Hさん)

ご依頼の多いテーマ

・異文化コミュニケーション
・プレゼンテーション
・リーダーシップ
・ボスマネジメント など
加藤 功甫(かとう こうすけ)

パートナーコンサルタント 加藤功甫

ページの上部に戻る